スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクミンズームイン3日目

2011年12月03日 06:05




青なしで放射線キャノピー回収。あとは語り。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽんぐさ | URL | -

    Re: ピクミンズームイン3日目

    うぽつです!待っていました!
    酸素を必要としない生物もいるんですね。オリマーの疑問が一つなくなりました。
    酸素というと、オリマーは宇宙服を着ているが笛を吹いたり、ゲキカラのエキスを吸ったり、オリマーメモによると「甘ったるいにおいが充満した洞窟で、息もたえだえの・・・」などと匂いを嗅いだりしている。そんなことが猛毒の酸素の中で出来るということは、宇宙服がそれらを取り入れていると考えられる。

    考えていると、いろんな考えが出てきますね。

    ポンガシグサは半動半植物!
    ということから僕は植物が進化したものと考えています。
    オリマーメモによるとポンガシグサは光合成以外の方法で養分を得ているらしい。しかしポンガシグサの近くに植物らしいものが見当たらない地下もあるので、他の植物に寄生している訳ではない。食虫植物とも考えたが、食虫植物は不足する養分を捕虫によって補っているので、その養分だけで生きているとは考えづらい。だからポンガシグサはカビダマによる被害がないことからも、腐生植物と考えられる。それからピクミンが触れると動くことから触れた生物に種や花粉を付け、それを運んでもらっているのだろう。

    ピクミンも半動半植物ですが、人間以外の生物が進化したものと考えています。
    原生生物は周りの環境に合わせるため進化したと考えられるが、人間は自分ではなく周りの環境を変えてきたのでこれ以上の進化はない。だから人間が植物のバイオリズムを取り入れ、進化したというのは難しい。同じ理由で人間が酸素を吸わない生物(オリマー)に進化したとも考えにくい。つまり他の動物やミドリムシなどの成れの果てか。ピクミンは生物を食べない、性別がないことから植物が進化したものか。そしてその半動半植物(ピクミン)がオリマーに擬態し、あのような姿になったと考えられる。

    ピクミンとポンガシグサの相違点は、ピクミンは半動半植物だからエキスと光合成で養分を得ている。その証拠にピクミンがダメージを受けた時、養分を得るために葉に変わる。

    しかしピクミンが水を得る様子を見たことがない。だからピクミンはオニヨンの中にある水を得ている。そう考えると、おそらく1の最初のオニヨンの状態は地中から大量の水を吸い上げ、溜め込んでいる状態。吸い込み方は根ではなく、ペレットなどを吸い込むような形だろう。オニヨンはピクミンに水を分け与え、共生しているようだが親子とも考えられる。そしてピクミンも水を溜め込むことができ、白や紫になっても生きられる。
    とにかくオニヨンの中は謎で、じょんさんが必死でダマグモと戦っている間、他のピクミンはオニヨンの中で焼肉を食べていたかもしれません。

    「今日はチャッピーの丸焼きだあああ!」

    「イエーイ!!」

    って感じで。

    で、まぁここからが本題です。
    2でとある星に戻ると地形が変わっていた。それから一度地下から地上に出ると地下の地形も変わる。地下では時間が流れない。つまり時間の進みはとある星の中心に近づくほど遅くなり、離れるほど早くなる。
    2では春夏秋冬のステージが一ヵ所に集まっていることから、これも時間が関係している。

    ここでじょんさんに質問です。
    オリマーは1も2も同じ場所に着陸しているので世界中を回っている訳ではない。だから人間が絶滅したとは言い切れないが、人間がここから姿を消した理由は何だと思いますか?

  2. じ*´ョ`*ん | URL | -

    Re: ピクミンズームイン3日目

    >>ぽんぐささん
    コメントありがとうございます。成る程、非常に興味深い考察ですね。
    確かに、外気を完全にシャットアウトしているはずのオリマーが匂いに言及する点は謎ですね。該当するメモについては完全に失念していたので、時間があるときにでもチェックしてみようと思います(と言ってもこれからさらに時間が無くなってくるのでいつになるやら…ww)
    ピクミンの進化のプロセスについては大体同意見です。人間のなれの果て説もロマンがあるとは思いますが、同じような理由でどうも支持できないんですよねww
    ただ、オリマーに擬態の部分についてですが、私はその部分は偶然に過ぎないと解釈しています。ピクミンもオリマーもそれぞれヒトと同じように二足歩行で手が自由に使えるように進化しただけではないでしょうか。まぁ、ヒトの進化のプロセスが生物の理想だといった自惚れた説を唱えるつもりはありませんが、ある条件下においてはこのような進化が生物にとっての理想であり、自然と同じような進化のプロセスを辿るのかもしれませんね。

    確かに、オニヨンの中はどうなっているんでしょうねww

    さて、遅くなりましたが質問に対する私なりの考えです。
    まず、私はピクミンの世界を人間が絶滅してから数百万~数億年後の地球と考えています。そう考えれば生物たちが現在の地球で見られるものと全く違う進化を遂げている理由が説明できます。ただ、この説ですとステージ上に落ちている空き缶や段ボールなどがバクテリアによって分解されていない点を全く説明できなくなってしまうんですけどね…。
    そして、ピクミン2についてですが、この作品ではゲーム性を重視してかピクミン1の設定や世界観等を思い切り壊してしまっているため整合性が取れず、正直お手上げですww
    ただ、ステージの細部が1と2で短期間で変わっていることについては光速で移動することにより時間の流れが相対的に変化した等色々考えましたが、単に非常に酷似した、それでいて全く別の土地に降り立ったと考えるのが妥当な気がしますね。

    もう一つのコメントについてはまた時間があるときに返信させて頂きます!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bombus.blog23.fc2.com/tb.php/522-d5e9a660
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。