スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクミンズームイン6日目

2011年12月07日 06:13





緊張のダマグモ戦
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽんぐさ | URL | -

    Re: ピクミンズームイン6日目

    油断大敵ですねw
    なかなか気づかなくて笑いましたwww
    でも2回もダマグモを倒すとはすごいです。

    ダマグモについても考えてみました。
    ダマグモはダメージを与えると煙が出たり、倒すとバラバラに散ることから機械と考えられる。しかし全てが機械ではない。少しずつ機械の方からダマグモにアプローチし、最終的にはダマグモキャノンになる。
    クモの根城では大きな巣の影があり、巣が高い場所にあることが分かる。だからダマグモの性格は穏やかだが、自分の巣に生物が近づくと巣を守ろうとし、踏み潰す。
    頭上で待ち伏せているので目はある。
    倒すと胴体が2つに割れ、ペレットなどが出てくることから口もある。おそらくダマグモはペレットを食べていると一緒にパーツも飲み込んだ。

    ダマグモ「パーツ食べちゃったwテヘペロw」

    そう言えばペレットは近くのオニヨンの色に変化している。ペレットにある数字はピクミンの運べる数と増える数に等しいのでピクミンの仲間と考えられる。
    まぁそもそも生物に数字があることが不思議なんですが・・・。

  2. じ*´ョ`*ん | URL | -

    Re: ピクミンズームイン6日目

    >>ぽんぐささん
    ダマグモは集中力さえ持続できれば問題なく倒せますからね。慣れの部分が大きいです。

    私はダマグモ機械説には真っ向から反対ですね。そもそも機械であるならば倒した後に分解されてしまう意味が分からないですし。
    煙については生命維持が困難になるにつれ体の表面から分解が進み、その細かい欠片が空気中に浮遊して煙のように見えるという解釈ができます。ダマグモという生物は細胞間の繋がりが脆く、細胞間を繋げる為に本来体中を駆け巡らせているホルモンやら電気信号(御存じかとは思いますが生物の体の中にも神経などを通して電気信号は流れています)等があり、ダメージが多くなるにつれその物質なり信号なりが末端まで伝わらなくなり徐々に分解されるのではというのが私の考えです。
    巣が上にあるというのと踏みつけ行為が縄張り内に侵入した他の生物に対する威嚇及び攻撃なのは同意見ですが、感覚器官は目ではなく振動をキャッチするだけの原始的なものだと思っています。でなければ律儀に規則的に足を動かす理由が思いつきませんし。

    ペレットの数字についてはゲームをプレイするプレイヤーに向けて分かりやすく表示したもので、実際には数字が書かれていないのではと考えています。同じ理由でオリマーが吹く笛の光の輪などもゲームの仕様だと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bombus.blog23.fc2.com/tb.php/525-4824bc32
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。